Sep 14, 2015

小津安二郎の映画音楽コンサート開催決定!

2015年10月24日(土)、25日(日)の両日、東京世田谷で「小津安二郎 弦楽トリビュート・コンサート」が開催されます。
小津映画トーキー以降の全作品を弦楽四重奏にアレンジし、魅惑のサウンドを一挙に生演奏します。
出演は、ノン・ジャンル弦楽四重奏団≪モーメント・ストリングカルテット≫です。
https://twitter.com/moment_fun_club

プログラムの概要は以下の通りです。
第一部は、伊藤宜二作曲と斎藤一郎作曲による1936年から1952年に公開された10作品の映画音楽です。

【曲目】
一人息子 (1936 伊藤宜二)
淑女は何を忘れたか (1937 伊藤宜二)
戸田家の兄弟 (1941 伊藤宜二)
父ありき (1942 彩木 暁)
長屋紳士録 (1947 斎藤一郎)
風の中の牝鶏 (1948 伊藤宜二)
晩春 (1949 伊藤宜二)
宗方姉妹 (1950 斎藤一郎)
麦秋 (1951 伊藤宜二)
お茶漬けの味 (1952 斎藤一郎)

第二部は、斎藤高順作曲と黛敏郎作曲による1953年から1962年に公開された9作品の映画音楽です。

【曲目】
東京物語 (1953 斎藤高順)
早春 (1956 斎藤高順)
東京暮色 (1957 斎藤高順)
彼岸花 (1958 斎藤高順)
お早よう (1959 黛 敏郎)
浮草 (1959 斎藤高順)
秋日和 (1960 斎藤高順)
小早川家の秋 (1961 黛 敏郎)
秋刀魚の味 (1962 斎藤高順)

両日とも、斎藤高順の息子斎藤民夫(当サイト管理人)による小津映画音楽に関する解説が行われます。
①「東京物語」の隠れた名曲誕生秘話
②小津監督が好んだ「お天気のいい音楽」とは
③「秋刀魚の味」のポルカには歌詞が付くはずだった?
上記のエピソードについて披露する予定です。

なお、モーメント・ストリングカルテットの貴重なリハーサルテイク音源を以下よりお聴きいただけます。

Posted in トピックスComments Closed 

関連記事

Translate »