Jun 6, 2011

あしたの風(NHK長編ドラマ)

「あしたの風」は、朝の連続テレビ小説の第2作目にあたり、1962年(昭和37年)4月2日から翌1963年(昭和38年)3月30日まで放送された。
瀬戸内海の小豆島を舞台にした、人々の愛と善意を描いた物語である。
壺井栄の短篇小説を題材としており、「風」「右文覚え書」「母のない子と子のない母と」「あしたの風」「雑居家族」などの作品を、一つの長編ドラマ化したものである。
映像は残念ながら保存されていないが、テーマ音楽は残されていた。

ここでも、斎藤による“小津調”を彷彿とさせる音楽を聴くことができ、思わず笑みがこぼれてしまう。
朝ドラ「NHK連続テレビ小説テーマ集」46曲目に収録されており、試聴もできる。

安江・・・渡辺富美子
夫・文吉・・・増田順司
姪・音枝・・・小畑絹子
孤児・文吉・・・長島光男
アカネ・・・川口知子
アカネの母なつ子・・・浅茅しのぶ
俊三・・・矢野宣
小織・・・青山紀子
松枝・・・三戸部スエ
哲夫・・・大塚周夫
織田政雄
磯村みどり
七尾伶子
中村雅子
幸田弘子
戸田皓久

Posted in 斎藤高順 音楽Comments Closed 

関連記事

Translate »