カテゴリー:「むかしの仲間」

  • 平成二年を迎えて

    『むかしの仲間』 手記:1990年 斎藤高順 ちょうど8年程前に脳腫瘍の摘出を行い、3年前には副腎にできた腫瘍を肋骨2本と共に副腎ごと手術をするという、ここ教年間に二度も大病を患いました。 ところが何と幸運なことでし…
  • 金曜会のことなど

    『むかしの仲間』 第16号 1994年秋 斎藤高順 金曜会が創設されてから30年近くにもなるのに、今年の3月に初めて会報が創刊されたのです。 私は、創立会員で学研常務の原正次氏の推薦で会員になりました。 先年他界さ…
  • 近況 ~小津安二郎監督・生誕90年~

    『むかしの仲間』 第15号 1994年春 斎藤高順 昨年(平成5年)の12月12日が、小津安二郎監督の生誕90年で、しかも没後30年とのことで、いろいろなイベントが計画された。 昭和28年製作の松竹映画『東京物語』か…
  • 海外珍道中あれこれ

    『むかしの仲間』 第14号 1993年秋 斎藤高順 アメリカとヨーロッパ及び香港に、それぞれ数日づつ旅行した時の想い出話などを記して見たいと思う。 今から26年程前になるが、昭和43年の7月中旬、アメリカ吹奏楽の視察…
  • 懐古 ~音楽学校の頃~

    『むかしの仲間』 第12号 1992年秋 斎藤高順 私が音楽の勉強を始めようと考えた頃は、日支事変の最中で旧制中学2年の時でした。 始めは斎藤太計雄先生にすすめられて萩窪のお宅へ伺って理論のレッスンを受け、中学3年の…
  • 近況 ~わが家と自作品のことなど~

    『むかしの仲間』 第11号 1992年春 斎藤高順 子供5人の中、上4人は男で、しかも上の3人は既に結婚して居り、長男には息子2人、次男・三男にはそれぞれ娘が1人ずつ居り、また年内に更に1人ずつ生まれる予定で、6月頃に…
  • 音楽隊長の頃

    『むかしの仲間』 第10号 1991年秋 斎藤高順 音楽学校(今の芸大)を卒業してからは、自主的に作曲して発表する以外は放送局や映画関係からの頼まれ仕事で作曲料を貰い、それが唯一の収入源で、とにかくフリーの作曲家として…

動画について

①「早春」より定年について語る山村聰と東野英治郎 ②「生きてはみたけれど」よりサイレントのBGM ③「秋刀魚の味」大杉漣によるパロディ映像 ④「青春放課後」小津安二郎初のテレビドラマ主題曲 ⑤「秋刀魚の味~ポルカ」フランス語バージョン ⑥「日本のシネマ」よりプロムナード第1番 ⑦プロムナード第3番 ⑧野に咲くすみれ

Translate

category

ページ上部へ戻る
Translate »