カテゴリー:トピックス

  • 小津映画に使われた既成の音楽

    小津映画の知られざる特徴の一つに、既成の音楽がよく使われている点が挙げられます。他の監督作品で、クラシック音楽を除いて劇中に既成の音楽を使用している例は、あまり記憶がありません。それには理由があって、既成曲を使用すれば著…
  • 小津映画に登場する性悪な女性像

    小津映画に登場する人物は概して小市民ですが、謹厳実直かつ品行方正で、家族愛に満ち溢れた日本人本来の姿であるかのごとく評されることがあります。しかし、それは大きな誤解であり、しばしば極めて性質の悪い女性が登場することを見逃…
  • 失敗作が面白い!

    小津映画は、どの作品をとっても脚本、映像、音楽ほか全てのバランスが絶妙に整っており、無駄や矛盾が少なく、あらゆる面に於いて極めて完成度の高い良質な作品ばかりであることは、今さら私が言うまでもありません。しかし、優れた…
  • 『東京暮色』とフェリーニの『道』にみる人間の描き方

    小津監督は、当初『東京暮色』のヒロインに岸恵子を予定していました。ところが、岸が出演する東宝作品『雪国』の撮影スケジュールが大幅に延びたため、岸の代役として有馬稲子を起用しました。最初の誤算は、原節子、山田五十鈴…
  • 『東京暮色』の劇中音楽

    『東京暮色』のスタッフ 後列:山本浩三(助監督) 青松明(照明) 斎藤高順(音楽) 西田俊造(スチール) 浜田辰雄(美術) 山内静夫(製作) 田代幸蔵(助監督)前列:浜村義康(編集) 林竜次(現像) 厚田雄春(撮影) …
  • 芦川いづみ再発見

    昭和30年代、40年代頃の日活作品が、少しずつDVD化されています。父は、松竹で小津安二郎監督の映画音楽を7作品担当した他、日活で吉村廉監督8本、阿部豊監督7本、斎藤武市監督5本、滝沢英輔監督4本など、40作品ほどの映画…
  • 「回想録」の記憶間違い

    以前から、父と小津監督が初めて対面した時期に疑問な点がありましたが、確認する手立てが見つからず放置していました。実は父が遺した記録によると、昭和27(1952)年夏頃と昭和28(1953)年夏頃の2種類が存在し、実に1年…
  • 『第4回 あちゃくちゃスマイル 音楽大行進』を振り返る

    『第4回 あちゃくちゃスマイル 音楽大行進』の開催が2月8日でしたから、まさに新型コロナウイルス騒ぎが広がる直前でした。中国の武漢で感染症が拡大しているというニュースは知っていましたが、その頃はまさか世界中を巻き込む…
  • OZU2020(『小津安二郎 大全』刊行記念シンポジウム)寄稿文(オリジナル)

    少し前に開催された小津関連イベントに関する記事を、映画情報誌「合同通信」へ寄稿しました。紙面の都合で部分的に割愛されており、簡略化した文章になっています。同記事は「合同通信オンライン」にも掲載されているので、コチラからご…
  • 魅惑の名作映画音楽とパントマイムのコラボレーション♪

    皆様に素敵なライブイベントのお知らせです! 2020年2月8日(土)、浅草雷5656会館において『プッチャリンあちゃくちゃスマイル(音楽大行進)』を開催いたします。魅惑の名作映画音楽の生演奏に合わせ、日本を代表する大道…
  • 小津映画音楽を語る会(小津夜会)開催決定!

    今年も、この日(12月12日)が近づいてまいりました。お酒とユーモアをこよなく愛した小津安二郎監督を偲んで、小津映画音楽を語る会(小津夜会)を開催いたします。肩の凝らないフレンドリーな楽しい会にしたいと思いますので、…
  • 劇団にんげん座公演『六区のあかり』とSKD

    10月25日、26日、27日の3日間、浅草雷5656会館で上演された劇団にんげん座公演『六区のあかり』に、スタッフ及び演者として参加しました。 劇団にんげん座の主宰者飯田一雄先生が、小津作品及び小津映画音楽の大変な…
  • 第22回蓼科高原映画祭を振り返って

    今回の映画祭は天候にも恵まれ、台風の影響をモロに受けた昨年と比べて来場者数は倍増したと聞いています。コンサート当日は、午前7時前には東京を出発し、予定よりおよそ1時間前(10時頃)には会場の茅野市民館へ到着しました。準備…
  • 竹内郁子さんと小津映画音楽

    写真左から、斎藤高順、竹内郁子、吉澤博 9月27日(金)夜、斎藤ファミリーの三男コントラバス奏者斎藤順のコンサートが、渋谷のセルリアンタワー東急ホテル2階タワーサイドテラスにある"JZ Brat SOUND OF …
  • 蓼科高原映画祭ピンチです!?

    9月7日(土)、エスパス・ビブリオで開催した「小津映画音楽を創った男たち、吉澤博と斎藤高順の遺族によるトーク&ライブイベント」は、お陰様でなかなかの盛況でした。お客様が全然来なかったらどうしようかな…と心配しておりま…
  • いよいよイベントが近づいて来ました!

    9月7日(土)15時から、私たちはお茶の水ブックカフェ「エスパス・ビブリオ」にて、「小津映画音楽を創った男たち、吉澤博と斎藤高順の遺族によるトーク&ライブイベント」を開催します。 すでに、多くの方からご予約…
  • 小津映画音楽を創った男たち、吉澤博と斎藤高順の遺族によるトーク&ライブイベント

    残席わずか! この機会に、是非ご覧ください♪ 「小津映画のサウンドトラックは吉澤さんのアイデアで裁量されていて、小津監督がそれに同意するかたちで作られていたと言えるでしょう」(斎藤高順) 曲目:「東京物…
  • 小津安二郎が愛したお天気のいい音楽コンサート(作曲家 斎藤高順 回顧録)開催!

    2019年9月、小津映画音楽イベントを2回開催します。第1回目は9月7日(土)の15時から、お茶の水ブックカフェ“エスパス・ビブリオ”に於いて、「小津映画音楽を創った男たち、吉澤博と斎藤高順の遺族によるトーク&ライブイベ…
  • 日本映画音楽の父・吉澤博の功績と小津映画音楽の生演奏によるトーク&ライブイベント開催

    【ESPACE BIBLIO 文明講座】 「日本映画音楽の父・吉澤博の功績と小津映画音楽の生演奏によるトーク&ライブイベント」のお知らせ|2019年9月7日(土)15:00〜17:00(14:30開場) 戦後まも…
  • 「早春」のテーマとドローンの映像

    斎藤ファミリーの三男、斎藤順(コントラバス奏者)が、Youtubeに「早春」の主題曲の演奏動画をアップしました。演奏動画といっても本人は登場せず、コントラバスの演奏とドローン撮影による山中湖周辺の美しい風景がメインの動画…

動画について

①「早春」より定年について語る山村聰と東野英治郎 ②「生きてはみたけれど」よりサイレントのBGM ③「秋刀魚の味」大杉漣によるパロディ映像 ④「青春放課後」小津安二郎初のテレビドラマ主題曲 ⑤「秋刀魚の味~ポルカ」フランス語バージョン ⑥「日本のシネマ」よりプロムナード第1番 ⑦プロムナード第3番 ⑧野に咲くすみれ

Translate

category

ページ上部へ戻る
Translate »