過去の記事一覧

  • 秋刀魚の味

    岩下志麻 笠智衆 秋刀魚の味は、小津安二郎第54作目の監督作品である。 1962年(昭和37年)に公開され、小津自身は59歳であった。 野田記――「小早川家の秋」を宝塚で撮影中、早く次回作の題名を決めて…
  • 小早川家の秋

    原節子 森繁久弥 加東大介 小早川家の秋は、小津安二郎第53作目の監督作品である。 1961年(昭和36年)に公開され、小津自身は58歳であった。 野田記――蓼科での日記に小津君はこう託している。 「…
  • 秋日和

    原節子 司葉子 秋日和は、小津安二郎第52作目の監督作品である。 1960年(昭和35年)に公開され、小津自身は57歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「世の中は、ごく…
  • 浮草

    若尾文子 中村鴈治朗 川口浩 杉村春子 浮草は、小津安二郎第51作目の監督作品である。 1959年(昭和34年)に公開され、小津自身は56歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 …
  • お早よう

    島津雅彦 笠智衆 設楽幸嗣 三宅邦子 お早ようは、小津安二郎第50作目の監督作品である。 1959年(昭和34年)に公開され、小津自身は56歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。…
  • 彼岸花

    有馬稲子 山本富士子 久我美子 彼岸花は、小津安二郎第49作目の監督作品である。 1958年(昭和33年)に公開され、小津自身は55歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 …
  • 東京暮色

    有馬稲子 原節子 東京暮色は、小津安二郎第48作目の監督作品である。 1957年(昭和32年)に公開され、小津自身は54歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「これは若い…
  • 早春

    岸恵子 須賀不二夫 高橋貞二 池辺良 早春は、小津安二郎第47作目の監督作品である。 1956年(昭和31年)に公開され、小津自身は53歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 …
  • 東京物語

    山村聡 原節子 杉村春子 香川京子 東京物語は、小津安二郎第46作目の監督作品である。 1953年(昭和28年)に公開され、小津自身は50歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 …
  • お茶漬の味

    佐分利信 木暮実千代 お茶漬の味は、小津安二郎第45作目の監督作品である。 1952年(昭和27年)に公開され、小津自身は49歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「これ…
  • 麦秋

    淡島千景 原節子 麦秋は、小津安二郎第44作目の監督作品である。 1951年(昭和26年)に公開され、小津自身は48歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「これはストーリ…
  • 宗方姉妹

    田中絹代 高峰秀子 宗方姉妹は、小津安二郎第43作目の監督作品である。 1950年(昭和25年)に公開され、小津自身は47歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「大仏さん…
  • 晩春

    原節子 笠智衆 晩春は、小津安二郎第42作目の監督作品である。 1949年(昭和24年)に公開され、小津自身は46歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「「箱入り娘」以来…
  • 風の中の牝鶏

    笠智衆 佐野周二 風の中の牝鶏は、小津安二郎第41作目の監督作品である。 1948年(昭和23年)に公開され、小津自身は45歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「「長屋…
  • 長屋紳士録

    坂本武 河村惣吉 笠智衆 飯田蝶子 長屋紳士録は、小津安二郎第40作目の監督作品である。 1947年(昭和22年)に公開され、小津自身は44歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。…
  • 父ありき

    笠智衆 津田晴彦 父ありきは、小津安二郎第39作目の監督作品である。 1942年(昭和17年)に公開され、小津自身は39歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「笠は「一人…
  • 戸田家の兄妹

    吉川満子 坪内美子 三宅邦子 高峰三枝子 戸田家の兄妹は、小津安二郎第38作目の監督作品である。 1941年(昭和16年)に公開され、小津自身は38歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べ…
  • 淑女は何を忘れたか

    斎藤達雄 栗島すみ子 桑野通子 淑女は何を忘れたかは、小津安二郎第37作目の監督作品である。 1937年(昭和12年)に公開され、小津自身は34歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べてい…
  • 一人息子

    葉山正雄 飯田蝶子 一人息子は、小津安二郎第36作目の監督作品である。 1936年(昭和11年)に公開され、小津自身は33歳であった。 晩年、「自作を語る」の中では、次のように述べていた。 「はじめて…
  • 菊五郎の鏡獅子

    鏡獅子は、小津安二郎第35作目の監督作品である。 1936年(昭和11年)に公開され、小津自身は33歳であった。 「音羽屋は動かなくても女らしく見える。 客席に背を向けて、足を開いてお尻が落ちているだけでも…

動画について

①「東京物語」より主題曲~夜想曲 ②「早春」より主題曲 ③「東京暮色」よりサセレシア ④「彼岸花」より主題曲 ⑤「浮草」より主題曲~ポルカ ⑥「秋日和」より主題曲~ポルカ ⑦「秋刀魚の味」より主題曲~ポルカ~終曲

Translate

category

ページ上部へ戻る
Translate »